画業40年超記念 漫画家・諸星大二郎自選短篇集「幻妖館にようこそ」出版計画

記事を書くのを忘れていました。 クラウドファンディングで諸星大二郎先生の自選短篇集「幻妖館にようこそ」の出版が計画されています。 2019年1月30日の23:59までに300万円を集めるとのこと。(12月4日時点で240万円。あと少し!) 巻末に支援者の氏名が掲…

諸星大二郎劇場12「ドロシーの靴・または虹の彼方のぼく」

諸星大二郎先生の新作が現在発売中のビッグコミック増刊号に掲載されました。 タイトルは「ドロシーの靴・または虹の彼方のぼく」。 表紙。 タイトルページ。巻頭カラーです! 7月に出た、諸星大二郎劇場10「原子怪獣とぼく」の続編です。 またもや映画館「…

ヤンサンフェスに行ってきました

「山田玲司のヤングサンデー」というニコ生番組に応募してきたミュージシャンとリンダ&マーヤが参加するライブ「ヤンサンフェス」に行ってきました。 会場は新代田のライブ「FEVER」。 開演前。 途中、クッキング・ダディがライブ中の撮影OKとの情報をリーク…

ビッグコミック50周年展 星野之宣×諸星大二郎 特別トークイベント

11/25 に川崎市市民ミュージアムにて、星野之宣先生と諸星大二郎先生、そして夏目房之介先生のトークイベントが催されるそうです。ビッグコミック50周年のイベントだそうで。 www.kawasaki-museum.jp なんというカップリングなのでしょう! そして伝説の「…

nexus5X文鎮化

使っていた nexus5X が突然停止しました。 症状は以下の通りです。 ・充電してもLEDランプが点灯しない。 ・電源ボタンを押しても起動しない。 ・SIMを抜き差ししてから電源ボタンを押しても起動しない。 ・電源ボタン+音量下げボタンを同時に長押しでもリ…

「旅人」(火の鳥6望郷編)

角川文庫の「火の鳥6望郷編」新装版に諸星大二郎先生の書き下ろしトリビュートコミック「旅人」が掲載されました。 表紙。 本編目次。 新井素子先生の解説。 巻末のサロンdeチロル 諸星先生の「旅人」。 単行本「諸星大二郎劇場第一集」掲載の「河畔にて」の…

ヤンサン美術展へ

ヤンサン美術展を見に上野へ行ってきました。 会場のワニスタ。何度来ても遠いな…。 ま、近くなるわけはないか。 数々の素晴らしい作品が出品されていました。 山田玲司先生の「残像あるいは亡霊の宴」。 きたがわ翔先生の「LINE」。 だろめろん先生の「KAIK…

大谷資料館へ

大谷資料館へ行ってきました。 地底に広がる、広大な採石跡の空間。 ライトアップされて、幻想的。 まるで、古代ローマの遺跡のようでした。

王立宇宙軍オネアミスの翼展へ

八王子市夢美術館で開催中の「王立宇宙軍オネアミスの翼展」を見学してきました。 オネアミスのイメージボードや設定資料が展示されていました。 映画に出てくる、文字、通貨、衣装、建物、乗り物、武器、道具、風俗、世界観、全てが緻密にデザインされたも…

諸星大二郎劇場11「オリオンラジオの夜・朝日のあたる家」

諸星大二郎先生の新作が現在発売中のビッグコミック増刊号に掲載されました。 タイトルは「オリオンラジオの夜・朝日のあたる家」。 表紙。 タイトルページ。 養護施設で育った三人の男たちの友情と裏切りが描かれています。今回の話も深い話です。 過去と現…

コミックマーケット94行ってきました(3)

他にまわったとこです。 「はぁとふる売国奴」(田中圭一先生のとこ) 「名作ハウスの女子会」 「イタコマンガ家・金カムまつり」 上野顕太郎先生の「ヨーカイカムイ」では、初期の妖怪ハンターの稗田礼二郎の模写がされています。諸星先生の絵も進化してい…

コミックマーケット94行ってきました(2)

諸星大二郎先生のファンサークルの高天原さんの新刊を入手しました。 「シン・ゴジラ暗黒伝」 あまり「孔子暗黒伝」には関係ないのですが、雰囲気が愉快です。 「生命の木」の「さんじゅわん」と「失楽園」の「ララ」とか、模写がうまいな〜♪(^o^) 「諸星大…

コミックマーケット94行ってきました

夏コミ行ってきました。 タオルがしぼれるほど汗をかきました。 少しは痩せたかな?!(^_^;) なんというか、昨年よりも並んだような気がしました。 さて、今回の戦利品です。 一番の目当てです。 ニコ生番組「山田玲司のヤングサンデー」の同人本。 番組で募…

幻獣神話展V

東京交通会館のゴールドサロンで開催中の幻獣神話展を観てきました。 会場風景。 諸星大二郎先生の作品も展示されていました。 題名は「少年とペット」。 金髪の少年が人面獣を膝にのせている絵画。 人面獣はスフィンクスかな。あるいは開明獣かも。 今年は…

諸星大二郎劇場10「原子怪獣とぼく」

諸星大二郎先生の新作が現在発売中のビッグコミック増刊号に掲載されました。 タイトルは「原子怪獣とぼく」。 表紙。 タイトルページ。 60年代の映画館を舞台にしたノスタルジックな作品。 映画館の名前は「木元オリオン」。 オリオンラジオの流れかも。 あ…

週刊少年ジャンプ創刊50周年記念

週刊少年ジャンプ創刊50周年記念号に諸星大二郎先生が色紙とメッセージを出されています。 表紙 色紙 歴代漫画家直筆サイン色紙、大集結!!|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト (詳細はサイトで確認できます) お祝いメッセージ 歴代の漫画家がメッセ…

エドワード・ゴーリー展

八王子市夢美術館で開催中の「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」に行ってきました。 www.yumebi.com エドワード・ゴーリーは絵本作家です。 モノクロの精緻な線描で知られています。 今回の展覧会ではその原画200点を展示しています。 「うろんな客」を書…

CICADA4巻

原作 山田玲司先生、作画 バナーイ先生の CICADA4巻!完結編!が発売されました。 前回、月刊スピリッツ掲載分を製本する記事を書きました。 つまり、もうすでに何度でも読み返せる状態にあるわけです。 が、それでもやはり、単行本はいいです。 一つの完成…

製本に挑戦その2

月刊スピリッツ…。 山田玲司先生✕バナーイ先生のCICADAを抜き出してから、一気に処分しました。 さて、手元にはCICADAの束。 製本の作業量と、製本後の強度のバランスからぎりぎり三分冊ってところで。 あえてCICADAのコミックの巻数に合わせないという。 だ…

「風の強い日」(幽 2018/06/29)

現在発売中の幽vol.29に、諸星大二郎先生の新作「風の強い日」が掲載されました。 表紙。 タイトルページ。 今回は「あもくん」の登場なしです。 ちと気味の悪いお話でした。 妖怪ハンターの「赤い唇」を思い出しました。

江口寿史イラストレーション展へ

銀座のスパンアートギャラリーで本日から開催の「江口寿史イラストレーション展」へ行ってきました。 少年ジャンプの「ストップ!ひばりくん!」で育った私としては感無量です。 江口先生の書かれる少女の輝きときたら。 眩しくて目が眩みました。 で、よー…

製本に挑戦

諸星大二郎先生のBOXが連載されていた大量のモーニングtwoがかさばっていました。 本棚のスペースもないのでBOXのみ抜き出してから処分しました。 で、残ったBOXの紙束で製本に挑戦してみました。 え?コミックも持ってるのになんでそんなことするのかって?…

大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック(植芝理一)

植芝理一先生の「大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック」で諸星作品を発見。 漫画研究部の部室の壁に注目。 左上に、「孔子暗黒伝」の「開明獣」が。 メガネかけてる開明獣♪ 開明獣だけだとなんだかわからない可能性を考慮してか、 「孔子暗黒伝」の文字も♪ ちゃ…

ヤンサンのフリマへ

ニコ生番組「山田玲司のヤングサンデー」のフリマへ行ってきました。番組でおなじみの山田玲司先生、おっくん、シミちゃん、そして、ファミリーの加藤オズワルドさんにお会いしてきました。 山田玲司のヤングサンデー(山田玲司) - ニコニコチャンネル:エン…

諸星大二郎 原画展の作品リスト

6/10 まで開催されていた諸星大二郎先生の原画展の作品リストをまとめました。 あとで出展作品を振り返ることができるよう、作品が掲載されている書籍とページ番号についても私のわかる範囲で盛り込みました。 PDF にして github にアップしましたので、興味…

COBRA連載40周年記念特別企画展

中野ブロードウェイ三階の「墓場の画廊」でやってる「COBRA連載40周年記念特別企画展」を見てきました。 コブラのいかすセリフのシーンを集めた展示でした。(原画展ではなく) 寺沢武一先生が当時連載していた少年ジャンプ。このコブラの顔のアップの表紙の…

諸星大二郎原画展へ再び

諸星大二郎原画展へ二回目の巡礼をしてきました。 諸星大二郎原画展では BOX 全話の扉絵の原稿が展示されています。 今回はBOXのコミックを持ち込んで原稿と比較してきました。第一話の扉絵や第22話のタイトル変更はコミック時にすぐに気がつきましたが、 …

CICADA final

現在発売中の月刊!スピリッツに、山田玲司先生✕バナーイ先生のCICADA最終回が載りました。 表紙。 タイトルページ。 最終回はCICADA#1の冒頭シーンにつながります。 レムは、コミケに集まった仲間と、シロワシとの戦いを止めに向かいます。 もはや「男」の…

諸星大二郎原画展へ

11:15 くらいにギャラリーにつくと、ものすごい行列ができていました。すごい人気です! ギャラリー内は観客で混んでいましたが、負けじとじっくりと鑑賞して来ました。 展示作品のリストは以下の通りです。 ・ヒグチユウコ 特別寄稿イラスト 「バイオの黙示…

マカロニほうれん荘展

中野ブロードウェイで開催中の「マカロニほうれん荘展」を見学してきました。 幼少の鴨川つばめ先生。 ほうれん荘のモデルとなった木造アパート。 トシちゃん25歳! ロック! 最近の鴨川先生の色紙。 記念すべき第一話の原稿。 鴨川先生自ら用意された、会場…