諸星大二郎

礎(1978/06/27 漫画アクションコミックスSF劇画特集号)

今回は1978年の諸星大二郎先生の作品を紹介します。漫画アクションコミックスSF特集号に掲載された『礎』(いしずえ)です。 表紙。 タイトルページ。 この絵は、丸の内にあった旧都庁舎の太田道灌の銅像ですね。 地方公務員。「庶務課」から「地震予防課」…

「BOX〜箱の中に何かいる」第11話

現在発売中のモーニングtwo 10月号に諸星大二郎先生の「BOX〜箱の中に何かいる」第11話が掲載されています。 タイトルページ。 今月の男子。惠くんには秘密がありました。 今月のキョーコ。甲田さんからパズルを引き継ぎ、ゲームに参戦決定! 甲田さんは変な…

『描く!』マンガ展へ

www.kawasaki-museum.jp 川崎市市民ミュージアムで開催中の『描く!』漫画展を見学してきました。 川崎フロンターレの本拠地、等々力競技場の近くです。武蔵小杉駅や武蔵中原駅から少し離れたところにあります。 場内は手塚・石ノ森エリアをのぞいて撮影OKで…

コミックマーケット90行ってきました2

諸星作品ネタで活動されている、サークル「高天原」さんの冊子を大人買いしました。 新刊は「妖怪ハンター大洗巡礼」。 創作です。 タイトルページ↓ 「八朔祭」。 八番目の朔、つまり8月1日のことか〜。 内容は名作『闇の客人』+『海竜祭の夜』+がるぱん?!…

「BOX〜箱の中に何かいる」第10話

現在販売中のモーニングtwo 9月号に諸星大二郎先生の「BOX〜箱の中に何かいる」第10話が掲載されています。 bunji2.hatenablog.com あらすじ 谷夫妻が入った箱を置いてきたと気づき、運びに向かった惠。途中で興子に会い、壁の抜け穴を教えられる。光二が心…

こっちでもへび女はじめました(2016/06/30 幽 vol.25)

現在販売中の「幽」に諸星大二郎先生の新作が載りました。表紙。タイトルページ。高橋葉介先生の作品のパクリみたいです。…へび女といったら、楳図かずお先生の方が先のような気もしますが。で、高橋先生の方はといえば、刺青の模様が諸星先生の「マッドメン…

海の中(1979/07/25 少年/少女 SFマンガ競作大全集)

今回紹介する諸星大二郎先生の作品は1979年の「海の中」。SFというよりはファンタジーな作品です。表紙。口絵。少年は海の中を漂っていた。平穏な世界を漂っていた。反対からは少女が流れてくる。ボーイ・ミーツ・ガール。それぞれの生い立ちを共有し、平和…

「BOX〜箱の中に何かいる」第9話

月刊モーニングtwoの8月号に諸星大二郎先生の「BOX〜箱の中に何かいる」第9話が掲載されています。 前回までの裏スジ、もとい、あらすじ。時により開いたり開かなかったりした扉の謎が解ける。光二に送られた箱根細工の「開け方」の手順と符合していたのだ。…

諸星大二郎劇場1『影人』(ビッグコミック増刊2016.6)

現在発売中のビッグコミック6月増刊号に、諸星大二郎劇場I 『影人』(えいじん)が掲載されました。中国の民話風というか、諸怪志異の系統の作品です。これ、シリーズ化されそうな雰囲気なんですが…。ビッグコミックの増刊号で数ヶ月おきに連載という、非常…

「BOX〜箱の中に何かいる」第8話

月刊モーニングtwoの7月号に、「BOX〜箱の中に何かいる」第8話が掲載されてます。 前回までのあらすじ パズルが解けないふりをしていたために箱に囚われた山内の体は、変容したままばらばらになってしまった。少女によると、怪物たちは、山内のような人間の…

『夢みる機械』ドラマ化

諸星大二郎先生の『夢みる機械』がドラマ化され、フジテレビ系「世にも奇妙な物語’16春の特別編」(5月28日午後9時)で放映とのことです。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000140-nksports-ent窪田が主演する「夢みる機械」は、日本を代表す…

原画展 マッドメンの世界(コミティア116)

東京ビッグサイトで開催のコミティアにて、諸星大二郎先生の原画展を見てきました。昨年の中野のリトルハイて展示されていたものと同じ内容でしたが、生原稿の迫力は何度見てもスゴイ!コドワ・波子と並んで撮影できるパネルがありました。加筆。書き忘れて…

「BOX〜箱の中に何かいる」第7話

現在発売中の月刊モーニングtwoの6月号に、諸星大二郎先生の「BOX〜箱の中に何かいる」第7話が載っています。表紙。タイトルページ。今月のキョーコさん。バラバラにされた恵くんを助けました。山内さんの方は助かりませんでした。今月の男子。相変わらず仲…

「BOX〜箱の中に何かいる」第6話

モーニングtwo5月号出ました。 諸星大二郎先生の「BOX〜箱の中に何かいる」第6話が掲載されてます。 表紙。 タイトルページ。 今月のキョーコさん。 壁の中に閉じ込められてました。Σ(´∀`;) 今月の男子。 相変わらず仲良しです♪ 光二くんが恵くんを支える…

会社の幽霊(1982/09/08 ヤングジャンプ増刊ビジネスジャンプ)

今回紹介する諸星大二郎先生の作品は、1982年の『会社の幽霊』。 表紙。ビジネスジャンプの創刊号みたいです。 ヤングジャンプの増刊でスタートしたのですね。 タイトルページ。 本社の総務部に書類を届けに来た営業部の若手社員。本社の巨大なフロアで迷う…

諸星作品…どこから手をつけよう?(諸星大二郎入門)

色んなクリエイターがリスペクトする諸星大二郎。SFマンガ史に燦然と輝く孤高の星である諸星大二郎。興味はあるんだけど、どこから読んだらいいのか悩む方も多いと思います。そんな初心者の方に諸星作品の入門書としてお勧めしたい本を紹介します。諸星大二…

ヒトニグサ(1982/09/16 ヤングジャンプ)

今回紹介する諸星大二郎先生の作品は、1982年の『ヒトニグサ』。妖怪ハンターシリーズの名作の一つです。表紙。タイトルページ。水引村という人里離れた村で休暇を過ごす初老の男。山の中で誰かが手招きするのを見かける。村民いわく、それはヒトニグサだと…

心のある光景(1981/02/26 ヤングジャンプ)

今回紹介する諸星大二郎先生の作品は『心のある光景』。1981年のヤングジャンプに掲載。表紙。タイトルページ。流浪する難民の男。収容所を逃れ、街にたどり着いた。しかし、人々は無表情。男に助けの手を差し伸べてくれない。行き倒れた男を救ったのは、長…

「BOX〜箱の中に何かいる」第5話

月刊モーニングtwo 4月号出ました。 諸星大二郎先生の新作「BOX〜箱の中に何かいる」第5話が掲載されてます。 表紙。 タイトルページ。 今月のキョーコさん。 謎の少女とからみました。 おぉっ?!まさかとは思ったが? 諸星先生の補足。 やはり小説と関係あ…

新刊「碁娘伝」

諸星大二郎先生の新刊を入手しました。 「碁娘伝」(ごじょうでん) 巻頭は装画カラー。 目次。 書き下ろしです。 十五年ぶりの碁娘なのですね(^o^) 新旧の「碁娘伝」を並べてみました。(・∀・)イイ!! スペシャルセレクション三部作!(・∀・)イイ!! bunji2.haten…

サルどす他(1982/11/11,25 スコラ)

1982年のスコラに掲載された諸星大二郎先生の4コマ漫画を紹介します。1982/11/11 のスコラの表紙。「ぼくだけのニューウェイブ料理法」というお題で書かれた4コマ漫画のようです。当時のスコラはニューウェイブマガジンと銘うっていました。ベタな作風ですが…

ダオナン(1979/09/20 ヤングジャンプNo.8)

今回紹介する諸星大二郎先生の作品は、1979年の『ダオナン』。『マッドメン』に代表されるアフリカ系の作品。…あ、マッドメンはニューギニアで、アフリカではないですね。Σ(´∀`;)表紙。タイトルページ。ブッシュマンのダオナンは、獲物を三日間追跡してい…

失楽園 天堂編(1978/08/01 月刊マンガ少年8月号)

前回に引き続き、諸星大二郎先生の『失楽園 天堂編』を紹介します。 タイトルページ。 レーテの町の門。掟が刻まれている。 そこはまさに楽園だった。 (ボスの「快楽の園」?) 秩序ある世界。 (ラファエロの「アテネの学堂」) そして、衣食住が保証され…

失楽園 地獄編(1978/07/01 月刊マンガ少年7月号)

今回紹介する諸星大二郎先生の作品は1978年の『失楽園』。まずは第一部の地獄編から。本作では意識的に名画のパロディが使われているのでわかる範囲で元の作品名も併記していきます。表紙。タイトルページ。遠い未来。人類は沼にへばりつくようにして生活し…

生命の木(1976/08/20 少年ジャンプ8月20日増刊号)

今回紹介する諸星大二郎先生の作品は、1976年の『生命の木』。妖怪ハンターシリーズのなかの名作です。表紙。手塚賞・赤塚賞受賞作家の特集号でした。タイトルページ。東北地方の隠れキリシタンの伝承のある村で、三日前に殺人事件が起きた。殺されたのは「…

「BOX〜箱の中に何かいる」第4話

現在発売中のモーニングtwo3月号に諸星大二郎先生が連載中の「BOX〜箱の中に何かいる」第4話「物凄きものに出会ひす」が掲載されています。 表紙。 タイトルページ。巻頭カラー! 今月のキョーコさん。 とびました!Σ(´∀`;) 今月の男子。 男の子同士で手を…

【田中圭一のペンと箸―漫画家の好物ー】第17話:諸星大二郎と吉祥寺のタイ料理

公開されました♪ r.gnavi.co.jp 最近の諸星先生、楽しそうに過ごされてるみたいですね! そしてご子息のCDジャケットを諸星先生が書かれる日を楽しみにしています♪(^o^) ああ、それにしても…タイ料理いいなぁ!(*´ω`*)

鳥が森に帰る時(1979/02/10 マンガくん1979年2月10日号)

今夜はテレビで「ラピュタ」が再放送されるそうなので、今回は「バルス」のもとになったとされる諸星大二郎先生の『鳥が森に帰る時』を紹介します。 バルスについての竹熊健太郎さんのツイートを紹介しても、皆さんそれがMUDMENのどの作品に掲載されているの…

ジュン子・恐喝(1970/12/01 COM 1970年12月号)

今回紹介する諸星大二郎先生の作品は1970 年のCOMに掲載された『ジュン子・恐喝』。COM主催の第17回月例新人入選作です。商業誌にフルページ掲載されたことから、本作が諸星先生の実質的なデビュー作とされています。表紙。タイトルページ。名義は「諸星義影…

「瓜子姫の夜・シンデレラの朝」文庫版

諸星大二郎先生の2013年の単行本「瓜子姫の夜・シンデレラの朝」の文庫版が出ました。A5版と文庫版のツーショットです。帯無しでパチリ。目次。A5版と同じページ数。あとがきは文庫用に文章が書き換えられてました。 もう文庫版かー。 諸星作品蒐集家なので…