読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流砂(1982/06/05 Weekly漫画アクション増刊 スーパーフィクション10)

諸星大二郎
今回紹介する諸星大二郎先生の作品は、1982年の漫画アクション増刊に掲載された『流砂』。

f:id:bunji2:20160109155007j:image
表紙。

f:id:bunji2:20160109155023j:image
タイトルページ。2色カラー。

f:id:bunji2:20160109155200j:image
ある植民星。砂漠に囲まれた小さな町に住む若者。

f:id:bunji2:20160109155252j:image
鉱石を採掘・加工して、月一回訪れる宇宙船に積み込む…。
単調な日々に飽き飽きしていた。

f:id:bunji2:20160109155508j:image
工場をやめ、町を出る決意をする。

f:id:bunji2:20160109155627j:image
同じような思いを抱える仲間と、車で町からの脱出を図る。

f:id:bunji2:20160109155917j:image
しかし、車は燃やされ、

f:id:bunji2:20160109155939j:image
仲間は計画を諦めてしまう。

どうやら街ぐるみの妨害にあっているようだ…。

f:id:bunji2:20160109160020j:image
歩いて町を出ることになるが…。

本作品は単行本「ぼくとフリオと校庭で」に収録されています。

設定がどこかの星のお話なので、SF作品ということになりますが、閉鎖的な村社会の薄気味悪さや、逆らいがたい運命に翻弄される若者を描いています。