読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪ハンターを極める(諸星大二郎中級編)

以前、「諸星大二郎入門」と銘うって妖怪ハンターについて紹介いたしました。

↓ 

bunji2.hatenablog.com

 

 

今回は皆さんにさらに極めて頂きたく、全ての妖怪ハンター作品を読むための情報を紹介させて頂きます。

 

妖怪ハンターの全話を発表順に列挙し、それぞれの収録されている単行本と、主要な登場人物について整理してみました。

 https://github.com/bunji2/moro/raw/master/list_yokai_hunter.pdf

 

1974年の発表から最新作の2015年まで、途中あいていたとは言え、41年。

なんと!41年ですよ!奥さん!

いやはや、もう、驚くべき年月です。

 

あの時生まれた子供が、今じゃしがない中年サラリーマンに!

 

 そして!今なお諸星先生は現役で画業を営んでいらっしゃいます!

 

さて。2016年10月現在で、書店で購入可能な妖怪ハンター本を並べてみました。


f:id:bunji2:20161010010200j:image

 

上段は、以前「諸星大二郎入門」で紹介した三部作「地の巻」「天の巻」「水の巻」です。

 

下段は左から以下の通りです。

・「稗田のモノ語り 魔障ヶ岳」(講談社

・「闇の鶯」(講談社

・「妖怪ハンター 稗田の生徒たち(1)夢見村にて」(集英社

・「妖怪ハンター 異界への旅」(平凡社

 

最後の本は平凡社妖怪ハンターを特集したムック本なので、諸星先生の単行本というわけではありません。ただ、書き下ろしの『雪の祭』が収録されています。


f:id:bunji2:20161010011302j:image

 

これらを読破すれば、妖怪ハンター作品のほとんどを網羅したことになります。

 

 残念ながら書店で入手できないのが、これです。

f:id:bunji2:20161010012500j:image
f:id:bunji2:20161010012510j:image

『美加と境界の神』

 

もうこれだけはどうしようもありません。

古書店やオークションでウルトラジャンプのバックナンバー(2009年8月号)を探しましょう。

また最低でも国会図書館でコピーしてもらうという手があります。

 

You!妖怪ハンター、極めちまいなYo!(^_-)-☆

 

 

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com