諸星大二郎自選短編集「幻妖館にようこそ」

諸星大二郎先生の、クラウドファンディングで制作された、自選短編集「幻妖館にようこそ」がやっと届きました。

 

15000円のセット内容を紹介します。

 

「幻妖館にようこそ」プレミアム版です。

B5版、上製本ハードカバー、初回生産限定版です。


f:id:bunji2:20190501212457j:image

 

鳥人の森」のA5サイズのリトグラフです。


f:id:bunji2:20190501212514j:image

 

鳥人の森」のTシャツです。


f:id:bunji2:20190501212525j:image

 

パチカカードです。

「幻妖館にようこそ」の表紙の修飾につかわれているもののようです。

f:id:bunji2:20190501213027j:image

 

さて、本について見ていきます。

 

表紙の装飾部分です。


f:id:bunji2:20190502221155j:image

 

口絵です。

f:id:bunji2:20190502221320j:image

これは見たことのない作品なので未発表ではないかと思います。

 

目次です。

f:id:bunji2:20190502221449j:image

 

描き下ろしがあります!

異界録、グリム童話、あもくん、妖怪ハンター栞と紙魚子、と初期作品から最近の作品までまんべんなく収録されています。

 

初出リストがありました。

f:id:bunji2:20190502222219j:image

 

巻頭の描き下ろし作品「鳥人の森」のタイトルページ。
f:id:bunji2:20190502222150j:image

 

閉鎖的な原始集落のタブーやオカルトを扱った不気味な作品です。

諸星先生、まだまだ現役で行けます。意欲が感じられます。

 

あとは過去作品ですが、B5サイズでしかもクッキリと印刷された状態で読めるのが嬉しいです。


特に、ネムキや幽に掲載された作品は元々A5サイズなので、これらがB5サイズで読めるのが素晴らしい!

 

星野之宣先生による特別寄稿も掲載されています。


f:id:bunji2:20190502222943j:image

星野先生の短編集の方には諸星先生の特別寄稿が乗ってるんだろうなぁ。

経済的事情でこちらしか買えませんでした。

 

巻末にサポーターリストのページがありまして、私の名前が載ってました。感激です。