2015-01-01から1年間の記事一覧

諸星作品との出会い

1985年のこと。 私はひとつの作品に出会った。 それが「花咲爺論序説」。 デカルトの「方法序説」ってのは習ったような気がするけど。 花咲か爺さんのお話の序説かよっ! なんとも無駄に規模感をあおるタイトルにツッコミつつも引き込まれた。 当時の私は古…

新刊「無面目」

新刊「諸星大二郎スペシャルセレクション・無面目」を入手。巻頭はカラー挿絵4P。目次。なんと書き下ろしの新作が収録されている!奥付。このシリーズの今後のラインナップが楽しみですな〜♪(^o^)b※追記「陰陽を和合するぞ」のセリフ、流行らそうとしたけど…

新作「BOX〜箱の中に何かいる」

発売中の月刊モーニングtwo12月号にて、新作「BOX〜箱の中に何かいる」の連載開始!中断されていた、西遊妖猿伝の再開はどうなるのか?!何にせよ、諸星先生の新連載に心ときめくのは事実ではあるが。

nexus5X

nexus5X が届きました。iijmio の sim で問題なくLTE をつかみました。OS は android6です。技適です。大きさ比較。右から nexus5、nexus5X。縦に長くなりました。ゴツく見えるとしたら、ケースに入れてるからだと思います。usb ケーブルが type−C になりま…

暗黒神話完全版 単行本

暗黒神話完全版の単行本が届きました。本作は、月刊誌の画楽.mag で連載されていたものをまとめたもので受注生産でのみ販売されました。目次。奥付。おまけのミニポスター。 2017年3月にA5版が出ました。 ↓ bunji2.hatenablog.com

「妖怪ハンター」異界への旅

いつの間にか出てたムック本。特別書き下ろし「雪の祭」掲載。

『マッドメンの世界』&原画展

「文藝春秋特別編集・諸星大二郎・マッドメンの世界」出版記念の原画展が中野ブロードウェイ4Fにて6/8までやってます。 目次。 http://www.little-high.com/

それからのBLE (3)

ソースコードのっけときます。 // BGAPI を用いたサンプルコード // iBuffaro BSHSBTPT01BK の IAS サービスのクライアント // by bunji2 #include <string.h> #include <stdio.h> #include <stdlib.h> #include <signal.h> #include <windows.h> #include "cmd_def.h" #include "uart.h" //#define DEBUG #defi</windows.h></signal.h></stdlib.h></stdio.h></string.h>…

それからのBLE (2)

BGAPIのサンプルコードの解析と GATT の勉強で見通しができてきたので、メモしておきます。iBuffaro の BSHSBTPT01BK は SIG が規定する Proximity プロファイルに対応しています。そこで、Proximity プロファイルの Imediate Alert Service (IAS) のクライ…

新宿御苑ミッション

新宿御苑ミッション全30個。やってきました。 菊人形なんて、この時期は撤去されてるに決まってるのに、季節感の狂ったポータルがありました。

それからのBLE

前回買ったこいつこいつをどうにか PC から制御したいと考えました。悩みに悩んだ結果、USBドングルにたどり着きました。Bluegiga の BLED112。BGAPI (C言語) の調査、サンプルコードの解析、そして GATT/ATT の規格を調査中。

牛乳ミッション

青梅線の西立川駅〜青梅駅の各駅の牛乳ミッションをコンプリートしてきました。牛乳の蓋のデザインのミッションロゴが、なかなかいい感じです。 しかし、疲れました…

『暗黒神話完全版』最終回

画楽.mag vol.7 にて、暗黒神話完全版 第七話 天の章(最終話)掲載中。慈海和尚以外は、今回も目立つ加筆・修正はない模様。bunji2.hatenablog.com

はじめてのBLE (3)

さらに続きです。Battery Service を見ていて、3つ目の属性値のところ(00002a1b ではじまる UUID)のところに、"Notify" と書いてあるのに気付きました。右側の下矢印が3つ重なったアイコンをクリックしたら4つめの属性値が "Notifications enabled" に…

はじめてのBLE (2)

前回の続きです。iPhone4s で認識されなかった iBuffaro の BSHSBTPT01BK。 今度は nexus5 で試してみました。結論から言えば、フリーの Bluetooth のデバッグアプリで認識させることができました。使ったアプリはこちら↓Nordic Semiconductor ASA の nRF Ma…

はじめてのBLE

BLE (Bluetooth Low Energy) について調べてみようと思い、こんなの買ってみました。 iBuffaro の BSHSBTPT01BK売り文句: ・iphone4s, iPhone5s/5c ios7 対応 ・専用アプリ「さがせーる」をインストールして音や振動を使った、3種類の検索ができる。 ・最大…

『あもくん』

『あもくん』(角川書店)をやっと入手。 帯は伊藤潤二。 年2回発行の怪談文芸専門誌『幽』に連載されてたあもくんのシリーズと、新作というか、未発表の短編小説を掲載。 装丁もなかなかいい。

『雨の日はお化けがいるから』

週刊モーニング18号に「雨の日はお化けがいるから」掲載。 幽に連載されてたあもくんのシリーズのようだけど、幽は角川で、モーニングは講談社なのだが。 西遊妖猿伝は秋からモーニングtwoで再開らしい。 bunji2.hatenablog.com

Groovy スクリプトで複素数データを扱う その3

次のようなスクリプトではうまくいくでしょうか。 // test4.groovy class test4 { public static void main (String [] args) { def z1 = 2 + i def z2 = 1 + 5 * i println z1 * z2 } } 前回用意した mygroovy.bat で動かしてみましょう。 C:\work>mygroovy…

Android5.1 が降りてきた

バージョンアップ後、なかなかLTEをつかんでくれず焦りました。スリープ状態から復帰しようとするとフリーズしてしまう「スリープ死」が報告されてるそうですが、私のnexus5 はまだ大丈夫みたいです。

Groovy スクリプトで複素数データを扱う その2

前回の test2.groovy をもう一度見てみます。 // test2.groovy // Number クラスに複素数オブジェクト用の演算を追加する。 // 加算 Number.metaClass.plus = {Complex b -> new Complex (delegate + b.r, b.i) } // 乗算 Number.metaClass.multiply = {Comp…

Groovy スクリプトで複素数データを扱う

Groovy で扱える既存の数値データBigDecimal、BigInteger、Byte、Double、Float、Integer、Long、および Shortに加え、複素数も Groovy の計算式の構文の中で扱えるよう拡張してみます。Groovy では様々なデータの上で使用可能な演算子のオーバーローディン…

.gy ファイルの関連付け

Grails って何ですか。Groovy はもはや WSH なみに私のデスクトップ上で大活躍してくれるスクリプト言語なので大好きだけど Grails にはまだ興味がわかないです。それはさておき、以前に .groovy ファイルの関連付けについて書きました。.groovy ファイルの…

Groovy AST の勉強 その4

前回のお題を実現する ASTTransformation を実装してみる。visit メソッドの内容は次の通り。メインクラスの ClassNode を取得し、(A)(B)(C)の変更を行う。 public void visit(ASTNode[] astNodes, SourceUnit sourceUnit) { def ast = sourceUnit.getAST() …

Groovy AST の勉強 その3

AST変換のネタを考えてみた。こんな題材: クラス定義をせずに記述したスクリプトにおいて print/println 文の出力内容をテキストエリアなどの GUI 部品に表示する。ただし、もとのスクリプトには、GUI 部品の記述は一切なしで。 これ、意外と使えると思うん…

Groovy AST の勉強 その2

今回のお題: ・入力となるソースコードをコンパイルする。 ・メインクラスの ClassNode を取得する。 ・取得した ClassNode のツリー構造を画像データにレンダリングする。次のようなステップで処理を行う。 (1) groovy スクリプトのファイルを読み出してコ…

.groovy ファイルの関連付け

.groovy ファイルを GroovyConsole に関連付けておくと、ダブルクリック一発でオープンできて何かと便利。Windows7 と Windows8.1 で確認した方法を記録しておく。(1)環境変数を適切に設定しておく。 環境変数 設定値 JAVA_HOME JREまたはJDKのトップディレ…

Groovy AST の勉強

Groovy の AST (Abstract Syntax Tree) の勉強をはじめた。学生時代にプログラミングの意味論 *1 や型理論 *2 を勉強していたので、「抽象構文」とか「具象構文」というキーワードが気分にささったものと思う。とりあえず Groovy サイトの次のページを読み始…

Groovy のパフォーマンス

Groovyのパフォーマンスを条件を変えて比較してみたのでメモしておきます。 ここでは次の7つの条件下での処理時間を比較してみます。 (1) Groovy スクリプト。なるべく Groovy らしい記述とする。(2) (1)をコンパイルしたクラス(3) (1)を静的コンパイルした…

はじめの一歩

投稿のテスト。