読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのBLE (2)

前回の続きです。

iPhone4s で認識されなかった iBuffaro の BSHSBTPT01BK。
今度は nexus5 で試してみました。結論から言えば、フリーの Bluetoothデバッグアプリで認識させることができました。

使ったアプリはこちら↓Nordic Semiconductor ASA の nRF Master Control Panel。

f:id:bunji2:20150414215710p:plain

BSHSBTPT01BK の電源を入れて nRF Master Control Panel でスキャン。
来ました!ばっちり認識されました!

f:id:bunji2:20150414215728p:plain

で、コネクトしてみると。。。

f:id:bunji2:20150414215744p:plain

BSHSBTPT01BK のサービスが見えました♪

"Not Bonded" というのは、いわゆるペアリングしていない状態のことらしいです。

上から順に見ていきます。

Generic Access です。

f:id:bunji2:20150414215759p:plain

デバイス名、外形、それから、コネクションインターバルの数値なんかが出てきました。

Link Loss です。

f:id:bunji2:20150414220911p:plain

リンクを失ったときの Alert Level でしょうか。"No Alert" と出てきました。
この値は "Middle Alert", "High Alert" に変更できるようです。

Immediate Alert です。

f:id:bunji2:20150414220916p:plain

この値も変更できました。

f:id:bunji2:20150414220929p:plain

"Middle Alert" を選択したところ、BSHSBTPT01BK が振動しました。

f:id:bunji2:20150414220938p:plain

"High Alert" を選択したところ、ブザーが鳴動しました。

続いて Tx Power です。

f:id:bunji2:20150414220944p:plain

転送出力の値なのかな? 4 デシベルと出てきました。

最後に Battery Service です。

f:id:bunji2:20150414222054p:plain

Battery Level は、BSHSBTPT01BK のボタン電池の残容量でしょうかね。

今回使ったアプリは BLE のプロトコルを使ってデバイスが提供するサービスの値を直接読み出したり編集したりするものでした。
BLE の UUID やらプロトコルやらをちゃんと理解したうえで、自分で Android アプリを実装すれば、何かできそうな予感がします。
少し、Android アプリの勉強をしてみようかしら。

まぁ、なんにしろ、900 円の投資は無駄にならずにすみそうです♪(*^_^*)