諸星大二郎劇場32 アリスとシェエラザード第12話・ユディット再び

諸星大二郎先生の新作が現在発売中のビッグコミック増刊号に掲載されました。

今回も無事に紙版でビッグコミック増刊号を入手できてほっとしています。

 

表紙。


タイトルページ。


アリスはシェエラザードの友人デボラからの依頼で絵画の調査を行うことになった。

 

旅先で出会った女性からもらった「人物画」を自宅に飾って以来、デボラは体調不良が続いているらしい。

 

そして人物画がだんだんと自分に似ていき自分の顔そのものになると、デボラはショックで失神してしまうが、気づいたときにはその絵はなにものかに盗まれてしまったという。

 

アリス達は人物画をくれたという女性を探すうち、それが過去の事件で出会った「ジュディス・ガーランド」という女性画家であることにたどり着く。

 

ジュディスの足取りを追う二人だったが…。

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

不気味な女性「ユディット」の再登場でした。

 

アリスとシェエラザードVSユディットの物語、まだまだ続きそうな気配です。

 

ホームズに出てくる「モリアーティー教授」みたいな存在なのかもしれません。

 

次のアリスとシェエラザードたちの活躍を楽しみにしております♪

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

諸星大二郎劇場31 アリスとシェエラザード第11話・四辻の悪魔

諸星大二郎先生の新作が現在発売中のビッグコミック増刊号に掲載されました。

表紙。

タイトルページ。

タイトルページはカラーでした!やった♪

アリスとシェエラザードに、依頼が持ち込まれた。

依頼人は蔵書家で、16世紀にファウストゥスによって書かれた魔術書に関するものだった。

その魔術書からあるページの文字だけが浮き上がって窓から出て行ったのだという。

依頼内容はその失われた文字を取り戻して欲しいということだった。

アリスとシェエラザードは依頼者の屋敷に泊まり込んで霊視にとりかかるが難航する。

依頼者を訪ねてきた司祭のロザリオをヒントにアリスは「四辻」のヴィジョンを獲得し、近所の「四辻」へと向かうが。。。

 


今回は「悪魔召喚」がテーマでした。呪文詠唱シーンが諸星先生の陰影の強い独特のタッチで描かれます。
浮かび上がる呪文と魔法陣。
否応なしに盛り上がりまくります。

 

また、四辻や村落の境界には古来より魔物が現れるというような伝承が日本にもありますね。


次のアリスとシェエラザードたちの活躍を楽しみにしております♪

槐と優・第2話 (怪と幽 vol.011)

いま発売中の「怪と幽」に諸星大二郎先生の新作が掲載されました。

タイトルは「槐と優・第2話槐はいつもいばってるから」。

 

表紙。



タイトルページ。



前回につづき今回も槐くんと優ちゃんが主役のちょっと不思議なお話です。

槐くんはザッタの森でゴメンドラゴラという謝ってばかりいる人みたいな形をした植物を採取します。
(マンドラゴラの親戚みたいな感じです)

この植物を育て依頼者に渡すのでした。

優ちゃんは真似してゴメンドラゴラを採取して槐くんそっくりに育てあげると。。。

 

シリーズ化しました♪
これから二人の活躍が楽しみです♪

 

bunji2.hatenablog.com

 

新刊・西遊妖猿伝・火焰山の章・4巻!

諸星大二郎先生の新刊がでました。

発売日に地元の本屋で諸星先生の新刊が当たり前のように買える幸せをかみしめております。

 

西遊妖猿伝・火焰山の章・4巻!

今回はサソリ女が表紙。

 


目次。第十二回~第十四回を収録。

登場人物は「牛」の字の形に配置されてまますね♪

 

講談師が締めくくります♪

鐘馗様と、道教のお札?と、アマビエ様、蘇民将来、そして、胡虚那(コロナ)退散!

 

奥付

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

bunji2.hatenablog.com

 

bunji2.hatenablog.com

 

bunji2.hatenablog.com

 

bunji2.hatenablog.com

 

bunji2.hatenablog.com

 

bunji2.hatenablog.com

 

bunji2.hatenablog.com

 

西遊妖猿伝・火焔山の章・余話

諸星大二郎先生の西遊妖猿伝モーニング・ツーに掲載されました。

 

表紙。

タイトルページ。

西遊妖猿伝の本編ではなく、脇役のジュンマイとムカンサの出会いに関するサイドストーリーでした。

しばらく休載とのことだったのでおもいがけず諸星先生の漫画が読めて嬉しかったです。

ほんの少しでも脇役にプロフィールがあると、群像劇としての深みが出ていいと思います。


そして、『火焔山の章』4巻は明日8月23日(火)発売です。

諸星大二郎劇場30 アリスとシェエラザード第10話・交霊会の夜

諸星大二郎先生の新作が現在発売中のビッグコミック増刊号に掲載されました。

 

表紙。

タイトルページ。


アリスとシェエラザードはマダム・ブーリンの交霊会に呼ばれました。

交霊会のクライマックスは、「霊の顕現ショー」。


マダム・ブーリンが、両手を縛られキャビネットに閉じ込められた状態で霊を呼び出す、というものでした。

 

アリスとシェエラザードはそれは「縄抜けマジック」でありマダム・ブーリンが霊に化けているものと見破ります。

 

つづいてマダムの指名でアリスがキャビネットに閉じこめられ、霊を呼び出すよう頼まれます。

アリスがキャビネットから外に脱出すると、そこは霧のかかった見知らぬ街でした…。


当時の交霊会は見世物小屋のような風情があったのでしょうね。

 

そんなインチキばかりの交霊会に本当の霊能力者が混ざるとどうなるか、なんて先生は想像されたのでしょう。

 

次のアリスとシェエラザードたちの活躍を楽しみにしております♪

西遊妖猿伝・火焔山の章・第31回

諸星大二郎先生の西遊妖猿伝モーニング・ツーに掲載されました。

 

表紙。

タイトルページ。

塔を飛び降りた牛魔王はさらにカレーズ(地下水路)に降ります。

そして、水路をせきとめていた異界の「妖物」を見つけます。

牛魔王はこの妖物を倒しカレーズには水が流れ出します。


激しく水がわきあがる様を、孫悟空玉面公主は城壁の上から静かに見守るのでした。。。


牛魔王はハルとアムの願いを無事聞き届け、カレーズを堰き止めていた妖物(異界クリーチャ?)を退治してくれました。

寧戎城には平穏が訪れたようです。

 


さて、次号よりしばらく休載される、とのことです。

 

諸星先生、どうか、英気を養って下さい。


群像劇・西遊妖猿伝のつづきを楽しみにしております!

 

・悟空と牛魔王の対決は?
玉面公主牛魔王に何を求めるのか?
・カシュラートとジュンマイは結ばれるのか?
・チェイリーとシュムの姉弟は再会できるのか?
・サソリ女の目的は?
・ヴァンダカと悟空の確執は?
ゾロアスター教の双子、ハルとアムはどうなるのか?
・謎の双子のクイとグイの目的は?
・そして三蔵法師の一行はどこへ向かうのか?

 

そして、『火焔山の章』4巻は8月23日(火)発売!
こちらも楽しみです。