読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸星大二郎劇場4『欲しいものは河を流れてくる』

約二ヶ月余の「モロレス」はツラかった…。

ビッグコミック増刊号諸星大二郎劇場4が載りました。日本全国の諸星大二郎ファンは歓喜の声をあげていることでしょう!

 

題して『欲しいものは河を流れてくる』。

 

表紙。
f:id:bunji2:20170221201230j:image

 

タイトルページ。
f:id:bunji2:20170221201324j:image

 

前回の『上流からの物体X』の続きです。
f:id:bunji2:20170221201455j:image

 

毎度欲しいものが流れてくる河を、今回は上流へさかのぼります。

 

異世界をさまようわけですが、『遠い国から』のように淡々としていています。

 

日常生活に潜む異常。

 

変なことになってるのに(いい意味で)切迫感なく、淡々と異世界を楽しむ。

そんな作風のシリーズです。

 

次回の増刊号は5/17だそうです。

CICADA1巻!

原作山田玲司先生✕作画バナーイ先生の「CICADA」コミック1巻が発売中です!


f:id:bunji2:20170212113220j:image

 

目次。
f:id:bunji2:20170212113317j:image

 

連載時に掲載されてた山田先生の作品解説は残念ながら収録されていません。

 


f:id:bunji2:20170212113702j:image

 

バナーイ先生の作画はもちろんCICADAの作品世界に欠かせないものですが、上みたいな山田先生のカットが入ってるのも嬉しいです♪(^o^)ノシ

CICADA#6(月刊!スピリッツ2017.03)

月刊スピリッツ出ました。

山田玲司先生✕バナーイ先生のCICADAが載ってます。

 

表紙。
f:id:bunji2:20170128220258j:image

 

タイトルページ。
f:id:bunji2:20170128220319j:image

 

ロルカの運命にレムは心を痛めていました。

 

でも、ロルカは…漫画を読んで笑っていました。
f:id:bunji2:20170128220340j:image

 

それが…
f:id:bunji2:20170128220549j:image

 

ちびまる子ちゃんでした。

今月はさくらももこ先生か〜!

意表をつかれました。(^o^)

CICADA#5(月刊!スピリッツ2017.2)

今月の月刊!スピリッツ山田玲司先生✕バナーイ先生の「CICADA」の5話が掲載されています。

 

表紙。
f:id:bunji2:20161227174559j:image

 

タイトルページ。
f:id:bunji2:20161227174750j:image

 

前回は、謎の漫画少女ロルカがシカーダであること、そして一年しか生きられないことにレムが気付いてしまいました。

今月はレムとロルカのラブコメモード進行中です♪

 

絶妙にストーリーを進展させたのは…これでした!
f:id:bunji2:20161227175036j:image
f:id:bunji2:20161227174926j:image

 二ノ宮知子先生「のだめカンタービレ」が登場とは、予想もしてませんでした。Σ(゚Д゚)

 

私も「のだめ」はハマりました。

 

マンガ遺産に登録しておくべきでしょう。

 

「BOX〜箱の中に何かいる」第15話

今月のモーニングtwoに諸星大二郎先生の「BOX〜箱の中に何かいる」が掲載されています。

 

表紙。
f:id:bunji2:20161223131017j:image

 

タイトルページ。
f:id:bunji2:20161223131145j:image

 

四人で次のステージにきました。
f:id:bunji2:20161223131307j:image

 

今月の甲田さん。
f:id:bunji2:20161223131614j:image

しつこい。。。

相変わらずつきまとってきます。

 

まさかの山内さんまでモンスターに。
f:id:bunji2:20161223131849j:image

 

今月の諸星先生
f:id:bunji2:20161223132005j:image
f:id:bunji2:20161223132042j:image

鬼才?

どなたでしょうかね。

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

諸星大二郎の世界(コロナブックス)

コロナブックスから「諸星大二郎の世界」というムック本が出ました。

 

表紙
f:id:bunji2:20161218203705j:image

 

目次
f:id:bunji2:20161218203714j:image

専門家の先生がたの評論と、諸星先生が幼少期を過ごした町を再訪する企画がのってます。

 

特筆すべきは、諸星先生の書斎の本棚の蔵書のリスト。
f:id:bunji2:20161218203722j:image

1000冊を超える書籍の書名と著者名が網羅されています。

マニアにはたまりません。

 

リストをじっくりながめました。「図説金枝篇」と「ハーメルンの笛吹男」の二冊が私の蔵書とかぶりました。

 

 

 

おまけ。

p60より。
f:id:bunji2:20161219010754j:image

ハラハラしちゃいました?

いいえ、「ハリ・ハラ」が正解。

 

おまけ2。

p135に気になる記述発見!
f:id:bunji2:20161219011759j:image

2017発売予定って…

これってまさか…

暗黒神話」の完全版かな?!

さらに修正とか入るかな?!

楽しみです。

「塀の穴」(幽 2016/12/15)

現在発売中の「幽」に諸星大二郎先生の「塀の穴」が収録されています。

 

表紙
f:id:bunji2:20161218195633j:image

 

タイトルページ
f:id:bunji2:20161218195656j:image

 

どこかの民話で読んだような気がする…

なんだったかなぁ…

そんな感じのお話でした。

 

今回の幽は夢野久作特集で嬉しいです。