読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.groovy ファイルの関連付け

Groovy

.groovy ファイルを GroovyConsole に関連付けておくと、ダブルクリック一発でオープンできて何かと便利。

Windows7Windows8.1 で確認した方法を記録しておく。

(1)環境変数を適切に設定しておく。

環境変数 設定値
JAVA_HOME JREまたはJDKのトップディレクトリのパス
GROOVY_HOME Groovyのトップディレクトリのパス
_JAVA_OPTIONS -Dfile.encoding=UTF-8

(2) Groovy の JAR ファイルを別名でコピーしておく。

%GROOVY_HOME%\lib\groovy-X.XX.jar

%GROOVY_HOME%\lib\groovy.jar

(3)ファイルの関連付けを行うバッチファイル hoge.bat を用意する。

assoc .groovy=groovy_groovy
ftype groovy_groovy="%%JAVA_HOME%%\bin\javaw.exe" ^
 "-Xmx128m" ^
 "-Dgroovy.home=%%GROOVY_HOME%%" ^
 "-Dtools.jar=%%JAVA_HOME%%\lib\tools.jar" ^
 "-Dgroovy.starter.conf=%%GROOVY_HOME%%\conf\groovy-starter.conf" ^
 "-Dscript.name=%%1" ^
 -classpath "%%GROOVY_HOME%%\lib\groovy.jar" ^
 org.codehaus.groovy.tools.GroovyStarter ^
 --main groovy.ui.Console ^
 --conf "%%GROOVY_HOME%%\conf\groovy-starter.conf" ^
 --classpath "." ^
 "%%1"
pause

(4) 作成したバッチファイルを右クリックし、「管理者として実行」する。

(5) その他の注意事項。.groovy ファイルの日本語のコードは UTF-8 で統一する。