読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

礎(1978/06/27 漫画アクションコミックスSF劇画特集号)

今回は1978年の諸星大二郎先生の作品を紹介します。漫画アクションコミックスSF特集号に掲載された『礎』(いしずえ)です。

表紙。
f:id:bunji2:20160818235024j:image

タイトルページ。

この絵は、丸の内にあった旧都庁舎の太田道灌銅像ですね。
f:id:bunji2:20160818235017j:image

地方公務員。「庶務課」から「地震予防課」への異動の辞令を受ける。
f:id:bunji2:20160818235009j:image

同僚が送別会をひらいてくれ、
f:id:bunji2:20160818235002j:image

スナックで会ったママと深い仲に。
f:id:bunji2:20160818234955j:image

なぜか眼が痛む。

f:id:bunji2:20160818234950j:image

新しい職場の課長には淡々とあしらわれる。

単調な事務仕事の日々に。

f:id:bunji2:20160818234939j:image

 角膜に傷がついていると目医者にいわれる。

このコマ、つげ義春の『ねじ式』を思い出させる。

f:id:bunji2:20160818234650j:image

倉庫で「特殊設備」の資料をみつける。

そこには古文書のコピーが綴じられていた。
f:id:bunji2:20160818234657j:image

 

…武蔵の国の国ッ神は荒振る神なり

一度怒れば 天地を揺るがし

五穀草木をすべからくうち枯らし 

死する者 数しれず

…何村の何某 慎みて 国のため 人のため

一身を投げうちて 一年神主をば申し受け…

 

見届け人

牟邪志国津神神社宮司何某

寺社奉行何某

室井恭蘭

 

本庁に出張すると、いきなり知事に引き合わされる。
f:id:bunji2:20160818234648j:image
「ご苦労さまです」… 何かがおかしい
f:id:bunji2:20160818234655j:image

いったいなにがおこるというのか?

この男の運命や、いかに?!

 

 

本作は「一年神主」の伝承をモチーフにすえたスリラーとなっています。

妖怪ハンターや本作のような作風こそが諸星先生の真骨頂と思います。

また、本作で出てくる江戸時代の謎の国学者、室井恭蘭。架空の人物ですが、この名前は他の諸星作品にも出て来ます。