きたがわ翔原画展「アナログ」へ行ってきました

本日から開催中の「きたがわ翔・初原画展・アナログ」へ行って来ました。

 


f:id:bunji2:20190418223408j:image

 


f:id:bunji2:20190418223426j:image

 


f:id:bunji2:20190418223441j:image

 


f:id:bunji2:20190418223500j:image

 


f:id:bunji2:20190418223513j:image

 


f:id:bunji2:20190418223527j:image

 


f:id:bunji2:20190418223541j:image

 


f:id:bunji2:20190418223653j:image


f:id:bunji2:20190418223710j:image


f:id:bunji2:20190418223727j:image

 

初日にもかかわらず、お客さんがたくさん来てました。

原画で見るきたがわ先生の作品は…。

画面全面をカケアミで埋めつくすという…。

想像を絶するほど手間のかかる技法で描かれていました。

これはすごい。

虫眼鏡でじっくり鑑賞したかった。

 

きたがわ先生にサインを頂いている間、器用に動く太い腕に見とれました。

このゴツい腕から、あんなに繊細でキラキラした作品が生み出されてきたとは。

 

さて、戦利品です。


f:id:bunji2:20190418224215j:image

複製原画を買いました。

この原画展のハガキにも使われてる作品です。

華やかな浴衣の絵柄が最高です。

これはちゃんと額装しよう。

 

そして今回はこれにもサインをおねだりしてきました。

ナインティーン1巻。

もう四半世紀は軽く経過してるというのに、自分でも感心するくらい保存状態がいいです。


f:id:bunji2:20190418224618j:image

 

(付箋紙で私の名前は隠しました)

f:id:bunji2:20190418224804j:image

ナインティーン連載時、私は高校生でした。

この作品を読んで素敵な大学生ライフを夢見たものです。

発表からほぼ四半世紀ごしに先生にサインを頂けるなんて感激です。

 

そしてこれ。

f:id:bunji2:20190418225152j:image

久保田くんと店長さんのキーホルダー。

 

作中、久保田くんがアパートの鍵につけてたやつです。


f:id:bunji2:20190418225331j:image

こりゃファンにはたまらんです。

いいもんゲットしました。

 

きたがわ先生の原画展は、吉祥寺のリベストギャラリー創にて2019/4/24まで開催中です。

 

 

諸星大二郎劇場13「美少女を食べる」

発売中のビッグコミック増刊号諸星大二郎先生の新作が載りました。

タイトルは「美少女を食べる」。

 

表紙。


f:id:bunji2:20190215141229j:image

 

タイトルページ。


f:id:bunji2:20190215141251j:image

諸星大二郎劇場第1集・雨の日はお化けがいるから」の短編「空気のような…」に出てくる、「悪趣味クラブ」が舞台です。


f:id:bunji2:20190215141542j:image

美少女の人肉料理にまつわるお話でした。

 

この路線で新たなシリーズが生まれるのかもしれません。


f:id:bunji2:20190215142011j:image

ヨハン・ハインリヒ・フューズリの「夢魔」が飾ってあります。

 

「悪夢」の始まりを象徴している…?

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

 

足摺り水族館第四版・羅生門藤宮版画

中野ブロードウェイをぶらぶらしてきました。

 

3階奥のタコシェさんの本棚をながめていて

驚きました。

panpanya先生の単行本の「足摺り水族館」と

白泉社から出ている単行本の高さがキレイに

揃っているではありませんか!

 

これはおかしい!

 

書棚にpanpanya先生の単行本を並べていて

足摺り水族館だけが不揃いに出っ張っていて

なんとも微妙な気分に

なったことを記憶していたからです。

早速購入して比較しました。

 

まず家にあるものです。
f:id:bunji2:20190211211658j:image

「足摺」が出っ張っているんです。

 

で、今日買ったものと並べると


f:id:bunji2:20190211211804j:image

やはり小さくなっていました。

f:id:bunji2:20190211211844j:image

白泉社のサイズに合わせたんですね〜。

中身については目次及びページ数から変更はないようです。

背表紙の上の潜水マスクのワンポイントも紺から

赤に変更になってますね。

奥付。

f:id:bunji2:20190211212230j:image

f:id:bunji2:20190211212247j:image

 

…どうでもいい話題でしたが、第四版のおかげで

書棚に並べた時に高さが揃って気持ちよくなりました!

っていうお話でした。

 

さて、タコシェでもう一冊買いました。

それがこれです!

 

羅生門芥川龍之介原作・藤宮史版画

 

表面。

f:id:bunji2:20190211212823j:image

 

全ページ版画ですよ!
f:id:bunji2:20190211212847j:image

素晴らしい!

素朴な絵柄にもかかわらず、すごい迫力です。

 

もう、スゴイ、スゴイ、しか言えないのですが

感嘆の極みにあります。

 

奥付。
f:id:bunji2:20190211212902j:image

裏面。

f:id:bunji2:20190211213211j:image

 

十年くらい前に藤宮先生の単行本を書店で

見かけました。その時は荷物が多かったため

次回買うつもりでいたのですが次にはもう書店

からは消えてしまっていました。先生の名前も

作品のタイトルも失念し、私の中でもはや「幻」

と化しておりました。

それが今日こんな形でまた作品に触れることが

できるなんて。人生まだまだ捨てたものでは

ないようです。

新刊「諸星大二郎劇場第二集・オリオンラジオの夜」

諸星大二郎先生の新刊「諸星大二郎劇場第2集・オリオンラジオの夜」が出ました。

 

表紙。

f:id:bunji2:20190130183750j:image

帯を取って。

f:id:bunji2:20190130183821j:image

表紙をまとめてみると

f:id:bunji2:20190130183855j:image

この表紙の絵の素晴らしさ!

複製画があったら欲しいです!

 

目次。
f:id:bunji2:20190130184011j:image

すべて、オリオンラジオのシリーズ作品です。

統一的な世界感。

こういうのを待ってたのです!

 

そして!巻末には解題が!

f:id:bunji2:20190130184230j:image

珍しいことに諸星先生の作品解説が

ついてます!ありがたや〜♪\(^o^)/

「赤い橋」の謎が一つ解けました。

 

いやはや、素晴らしい一冊がこの世に

生まれてしまいました。

 

オリオンラジオのシリーズはこれで

一段落ということなんですね…。

諸星先生は次はどんなアイディアで

来るのだろう。

今後のビッグコミック増刊号

諸星大二郎劇場が楽しみです。

 

さて、今回も諸星大二郎先生や山田玲司先生の

新刊が確実に販売初日に店頭に並ぶことで定評

のある吉祥寺のブックス・ルーエで購入しました。

f:id:bunji2:20190130184946j:image

キン・シオタニのカバーが素敵でしょ♪(^o^)b

 

 

あ、最後に第一集第二集で並べて締めくくります。


f:id:bunji2:20190130185334j:image

f:id:bunji2:20190130185430j:image

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

諸星大二郎✕星野之宣トークレポート(ビッグコミック)

昨年の11月に行われた諸星大二郎先生と星野之宣先生のトークイベントのレポートが今週のビッグコミックに載りました。

表紙。


f:id:bunji2:20190125153358j:image

 

記事。

f:id:bunji2:20190125153422j:image

司会は夏目房之介先生。

 

なんというかおいしい発言を引っ張ってきてますね♪


f:id:bunji2:20190125153710j:image

 

最後の星野先生の発言はファンにはインパクトがありますね♪
f:id:bunji2:20190125153544j:image

 

さぁ、諸星先生の新刊はいよいよ来週!

f:id:bunji2:20190125153902j:image

 

諸星先生のインタビュー(BUBUKA2019年2月号)

現在発売中のBUBUKA2019年2月号に諸星大二郎先生のインタビューが載りました。

 

表紙。

f:id:bunji2:20190103194357j:image

 

アイドル雑誌な感じの表紙だったので、書店でレジに持ってくのが恥ずかしかったです。

 

記事。

f:id:bunji2:20190103194617j:image

インタビュアーは吉田豪

 

相変わらず、諸星先生はインタビューや対談が苦手みたいです。

まぁそんなこともあって、諸星先生の生声に近い記事は私には貴重です。

 

川崎のトークイベントの抽選に漏れてしまったこともあるし…。


f:id:bunji2:20190103194833j:image

↑ここ。印象に残りました。

 

「評価されるなら売れるはずだと思うんだけど、評価されるのに売れないとはどういうことなのか、そこは不思議だ。」

 

なんだかんだで諸星先生の本音的なものを引き出している吉田豪の手腕に脱帽です。

 

コミックマーケット95へ行ってきました(2)

 

加藤オズワルド先生の新刊を入手してきました。


f:id:bunji2:20190101152317j:image

「たまにはみんなで映画を」

加藤先生の作品は毎回透明感のある美しい絵で意外な瞬間を切り取って驚かせてくれます。


f:id:bunji2:20190101152333j:image

サインをおねだりしました。

こんな素敵なイラストをその場で描いて下さいました。

ありがとうございました♪(^o^)

 

続いて、うらまっく先生の新刊。


f:id:bunji2:20190101153135j:image

「やってはいけない」

少し前に描かれた短編をまとめたものだそうです。

どちらかというとこの頃の絵柄が私は好きだったりします。


f:id:bunji2:20190101153148j:image

サイン頂きました。ありがとうございました♪

で、調子にのりまして…

 

f:id:bunji2:20190101153538j:image

「御石神落とし」

民俗学とエロスの融合。名作です。

こちらにもサインをおねだりしました。


f:id:bunji2:20190101153738j:image

うらまっく先生が御石神になってる!

ありがとうございました♪\(^o^)/

 

 

平成最後のコミケ

いい思い出ができました。