ヤンサンフェスに行ってきました

山田玲司ヤングサンデー」というニコ生番組に応募してきたミュージシャンとリンダ&マーヤが参加するライブ「ヤンサンフェス」に行ってきました。

 

会場は新代田のライブ「FEVER」。
f:id:bunji2:20181103235713j:image

 

開演前。
f:id:bunji2:20181103235736j:image

 

途中、クッキング・ダディがライブ中の撮影OKとの情報をリーク。ってか早く言え〜♪
f:id:bunji2:20181103235858j:image


f:id:bunji2:20181104000043j:image

 

後半。ギャラクシー・デッドとトガシのコラボレーション。素敵過ぎて…。
f:id:bunji2:20181104000102j:image

 

トリはリンダ&マーヤ。あわわ、マーヤさんが目の前で準備始めた!
f:id:bunji2:20181104000122j:image

「たかがACTION」最高だった。

 

 

ありがとう!リンダ&マーヤ!

ありがとう!ヤンサンフェス!

元気を分けてもらいました!
f:id:bunji2:20181104000138j:image

 

 

以下、会場の物販で買えた戦利品です。

 

リンダ&マーヤ公式Tシャツ
f:id:bunji2:20181104000448j:image

 

ヤンサンフェスTシャツ
f:id:bunji2:20181104000526j:image

 

ヤンサンフェスCD
f:id:bunji2:20181104000609j:image

 

トガシCD
f:id:bunji2:20181104000634j:image

 

トガシCD2

f:id:bunji2:20181104000722j:image

 

じょんCD
f:id:bunji2:20181104000742j:image

 

野口篤史CD

f:id:bunji2:20181104000859j:image

 

YumeOchi CD

f:id:bunji2:20181104001000j:image

 

みんなすごい才能。

iPod で聴き込むぞ♪\(^o^)/

ビッグコミック50周年展 星野之宣×諸星大二郎 特別トークイベント

11/25 に川崎市市民ミュージアムにて、星野之宣先生と諸星大二郎先生、そして夏目房之介先生のトークイベントが催されるそうです。ビッグコミック50周年のイベントだそうで。

 

www.kawasaki-museum.jp

 

なんというカップリングなのでしょう!

そして伝説の「夏目の目」!

 

ってのはおいといて、事前申し込み制だそうです。

 

11/25 は、いざ!川崎!

nexus5X文鎮化

使っていた nexus5X が突然停止しました。

症状は以下の通りです。

・充電してもLEDランプが点灯しない。

・電源ボタンを押しても起動しない。

・SIMを抜き差ししてから電源ボタンを押しても起動しない。

・電源ボタン+音量下げボタンを同時に長押しでもリカバリーモードで起動しない。

 

ググるとみんな同じような症状が起きているようです。

基盤をレンジでチンしたら直ったなんてツワモノの方がいるそうです。

 

ほぼ三年使ったことだし、電池もヘタってきていたし、諦めることにしました。

 

今は白猫プロジェクト専用機として使っている iPhone6 を暫定的にメインスマホにしています。

 

 

次はどの機種を買おうかワクワクしてます。

 

 

 

bunji2.hatenablog.com

 

「旅人」(火の鳥6望郷編)

角川文庫の「火の鳥6望郷編」新装版に諸星大二郎先生の書き下ろしトリビュートコミック「旅人」が掲載されました。

 

表紙。

f:id:bunji2:20180923185802j:image


f:id:bunji2:20180923185817j:image

 

本編目次。

f:id:bunji2:20180923185849j:image

新井素子先生の解説。

f:id:bunji2:20180923190129j:image

巻末のサロンdeチロル

f:id:bunji2:20180923190101j:image

 

諸星先生の「旅人」。
f:id:bunji2:20180923190146j:image

単行本「諸星大二郎劇場第一集」掲載の「河畔にて」のような風情の作品です。火の鳥のテーマにうまく結びつけたオチがさすがだと思います。

 

この本が8月に出るのを知ってからずっと書店を探し回っていたのですが、全く見つけられませんでした。書店には旧版が大量に出回ってる感じです。

角川文庫版の他に講談社版もあるし。

 

今回はAmazonで購入したわけですが、初版の発行数はどれくらいだったのだろう。

f:id:bunji2:20180923190202j:image

 

久しぶりに手塚先生の火の鳥を堪能しようとおもいましたが、文庫版で緻密な絵や文字を読むのって、オッサンには本当にツライ。

虫眼鏡を用意しないと…。

 

B5版…せめてA5版で出して欲しいです(T_T)

 

↓こちらに「火の鳥・望郷編」のメモを書きました。興味のある方はどうぞ。

bunji2memo.hatenablog.com

ヤンサン美術展へ

ヤンサン美術展を見に上野へ行ってきました。


f:id:bunji2:20180917152123j:image

会場のワニスタ。何度来ても遠いな…。

ま、近くなるわけはないか。

 

数々の素晴らしい作品が出品されていました。


f:id:bunji2:20180917153938j:image

山田玲司先生の「残像あるいは亡霊の宴」。


f:id:bunji2:20180917153951j:image

きたがわ翔先生の「LINE」。


f:id:bunji2:20180917154008j:image

だろめろん先生の「KAIKAIKA」。


f:id:bunji2:20180917154650j:image

うらまっく先生の「女相撲」。

 

他にいくつか展示されていましたが私の趣味ではなかったので写真なしです。

おくでデカイ声でダラダラ話してる奴がいて、うるさくてイライラ。あれはいかんね。

 

あと、ちょっとだけ不愉快なことがありましたがぐっと我慢。

当人達が損するだけでしょうから。

勝手にして下さい、私は知りません。(-.-)

ワニスタはもう当分いいや。

王立宇宙軍オネアミスの翼展へ

八王子市夢美術館で開催中の「王立宇宙軍オネアミスの翼展」を見学してきました。


f:id:bunji2:20180916200127j:image

f:id:bunji2:20180916200150j:image

f:id:bunji2:20180916200211j:image

オネアミスのイメージボードや設定資料が展示されていました。

 

映画に出てくる、文字、通貨、衣装、建物、乗り物、武器、道具、風俗、世界観、全てが緻密にデザインされたものなのだそうです。

スゴイ!

 

館内は撮影可だったので沢山写真撮ってきました

以下、一部をアップします。


f:id:bunji2:20180916200550j:image

f:id:bunji2:20180916200652j:image

f:id:bunji2:20180916200712j:image

f:id:bunji2:20180916200741j:image

f:id:bunji2:20180916200804j:image

f:id:bunji2:20180916200829j:image

f:id:bunji2:20180916200844j:image

↑なんかオモシロイ書き込みがありますね♪


f:id:bunji2:20180916200909j:image

↑文字の一覧表。
f:id:bunji2:20180916200925j:image

↑数字


f:id:bunji2:20180916200936j:image


f:id:bunji2:20180916200947j:image

f:id:bunji2:20180916200956j:image

オッサンの顔の造形がなかなかいいですね。

 

王立宇宙軍パイロット版のBGM、ワーグナーニュルンベルクのマイスタージンガー」が繰り返し流れていてちょっと不思議な雰囲気でした。