諸星大二郎劇場6『オリオンラジオの夜 ホテル・カリフォルニア』

諸星大二郎先生のBOX連載が終わり、モロロス症候群にあえぐ諸氏に朗報!

現在発売中のビッグコミック増刊号に、諸星大二郎劇場6『オリオンラジオの夜 ホテル・カリフォルニア』が載りました。

 

表紙。
f:id:bunji2:20170930204756j:image

 

タイトルページ。
f:id:bunji2:20170930204913j:image

 

前回はサイモン&ガーファンクルでしたが、今回はイーグルスです。

これもシリーズ化できそうな予感がします。

 

 

おまけ。

キング・クリムゾンですね〜♪(^o^)
f:id:bunji2:20170930205137j:image

 

bunji2.hatenablog.com

 

CICADA#13

現在発売中の月刊!スピリッツに、山田玲司先生✕バナーイ先生のCICADA最新話が載りました。

 

表紙。
f:id:bunji2:20170928233453j:image

 

タイトルページ。
f:id:bunji2:20170928233548j:image

 

 橋から落ちたレムとニケを救ったのは、ロルカがシカーダの能力で作り出したロプロスの背中だった。
f:id:bunji2:20170928233643j:image

 

ニケはレムにロルカを託し去るのだった。
f:id:bunji2:20170928233940j:image

 

北に落ち延びたレムとロルカに平穏の日々が訪れる。
f:id:bunji2:20170928234145j:image

 

しかし、新たな危機が訪れようとしていた。

シカーダが政府側に?!
f:id:bunji2:20170928234359j:image
f:id:bunji2:20170928234429j:image

 

次号はシカーダvsシカーダの激突か?!

今後の展開が見逃せない!

BOX3巻情報

諸星大二郎先生のBOX連載が終わり、モロロス症候群にあえぐ諸氏に朗報。

BOX3巻完結編が10月23日発売だそうです!

モーニングtwo今月号に宣伝載ってました。


f:id:bunji2:20170928212307j:image
f:id:bunji2:20170928212335j:image
f:id:bunji2:20170928212355j:image

買うべし!

CICADA#12

現在発売中の月刊!スピリッツに、山田玲司先生✕バナーイ先生のCICADA最新話が載りました。

 

表紙。
f:id:bunji2:20170829194912j:image

 

タイトルページ。
f:id:bunji2:20170829195118j:image

 

カワセミの力で軍を倒したロルカは列車で逃げようとします。
f:id:bunji2:20170829195347j:image
そこへロルカの姉ニケが現れ、ロルカを取り返そうとします。

インディゴ中尉の攻撃で列車から落ちそうなニケをレムが救おうとしますが…。


f:id:bunji2:20170829195749j:image
f:id:bunji2:20170829195819j:image
f:id:bunji2:20170829195839j:image

「BOX〜箱の中に何かいる」第22話(月刊モーニングtwo)

今月のモーニングtwoに諸星大二郎先生の「BOX〜箱の中に何かいる」最終話が載りました。

 

表紙。
f:id:bunji2:20170823212847j:image

 

タイトルページ。
f:id:bunji2:20170823212949j:image

 

なんというか…。

私にはうまく説明できそうにありません。

 

光二くん、恵くん、神宮さん、そして、キョウコら主人公達は「箱」から脱出できました。

平和な日常に戻れました。

 

…いや。果たして、元の世界に戻れたのか?

f:id:bunji2:20170823213501j:image

 

微笑ましい世界みたいだからいいか♪
f:id:bunji2:20170823213842j:image

 

とにかく、約二年間の連載お疲れさまでした!
f:id:bunji2:20170823214049j:image
f:id:bunji2:20170823214121j:image

 


f:id:bunji2:20170823214453j:image

 

「箱」という空間での謎解きやサバイバルをメインストーリーにすえつつ、BL要素(実はラブコメ要素だった!騙されたっ!^^;)をアクセントにした人間関係というのは、これまでの諸星作品には珍しく毎回驚きとともに楽しませていただきました。

本当にお疲れさまでした!\(^o^)/

 

先生、「西遊筋」も昨年末に終わってたみたいなんで、

今ならモーニング系の「西遊記枠」空いてますゼ!

西遊妖猿伝」の再開を楽しみにしています!

 

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

bunji2.hatenablog.com

 

食事の時間(少年ジャンプ1978/9/15増刊号)

今回は諸星大二郎先生の1978年の短編「食事の時間」を紹介します。

沙村広明先生の「ハルシオン・ランチ」に出てきたので、原典を引っ張ってきました。

 

表紙。
f:id:bunji2:20170816210303j:image

タイトルページ。
f:id:bunji2:20170816210356j:image

とある上流家庭の破産。
f:id:bunji2:20170816210545j:image

父は自殺し、母は子を捨てるしかなかった。
f:id:bunji2:20170816210630j:image

子供はスラム街へ向かうが、貧民に襲われ、
f:id:bunji2:20170816210658j:image

追われていたところをスラムの少年に救われる。
f:id:bunji2:20170816210745j:image

f:id:bunji2:20170816210813j:image

アジトに行くと、

f:id:bunji2:20170816210925j:image

あっという間に服をむかれ、食べられてしまう。

 

なぜだー?!ってのはおいといて。

 

ここまで、流されるままの子供の名は折葉強(おりばつよし)。

 

賢明な皆さんはもうお気付きと思いますが、これってチャールズ・ディケンズの「オリバー・ツイスト」のパロディーなのでした。

スラムの少年「鈍助」は「ドジャー」、

アジトの親分「兵銀親分」は「フェイギン」、

「犀吉」は「サイクス」。
f:id:bunji2:20170816211036j:image

 

さて、清掃庁の「救民車」がスラムに食糧を運んでくる。
f:id:bunji2:20170816211122j:image

貧民たちが食糧に群がる。

(が、どう見てもゴミじゃん…)

 

絶望的な食糧危機に陥っていて、上流階級に優先的に食糧をまわし、その廃棄物を下層階級に処理させている、という設定なのでした。

 

貧民は生化省で「虫」と呼ばれる微生物を胃に植え付けられていて、ゴミでも消化できるようにさせられているとのことです。


f:id:bunji2:20170816211206j:image

犀吉・鈍助・折葉は生化省にしのびこみます。


f:id:bunji2:20170816214242j:image

そこでは役人たちが唾棄すべき人体実験の話をしていました。
f:id:bunji2:20170816214425j:image

それを耳にした犀吉は暴れ、機械を壊してしまいます。


f:id:bunji2:20170816214557j:image

生化省ビルの最上階のX線電子炉が爆発し、放射線がスラム中に撒き散らされてしまいました。


f:id:bunji2:20170816214821j:image
f:id:bunji2:20170816214901j:image
f:id:bunji2:20170816214927j:image

大量の放射線を浴びた貧民たちは、体内の微生物が突然変異を起こしてしまいます。

 

ここから先…。

諸星イズムがほとばしります。

暴走というか…。

 

ここから先は、諸星大二郎特選集「男たちの風景」でお楽しみ下さい。

 

www.amazon.co.jp

ハルシオン・ランチ(沙村広明)

沙村広明ハルシオン・ランチ」1巻にて、諸星大二郎を発見。


f:id:bunji2:20170813155729j:image


f:id:bunji2:20170813160003j:image
f:id:bunji2:20170813160111j:image

諸星大二郎先生の作品の中から、さらっと「食事の時間」なんて短編がでてくるのはなかなかのマニアかと。